高知のネットショップを応援します!【e商人養成塾】

本気のe商人を応援します!

「e商人養成塾」は高知のネットショップオーナーで組織された団体です。

講演会の様子

e商人は京都でTシャツをネット通販する株式会社イージー岸本栄司氏を塾長に

お招きして2000年よりスタートした勉強会です。

 

高知の産品を県外に「輸出」するを合い言葉に、毎月全国から多彩な講師の方々を

お招きしインターネットを中心とした各種セミナー、勉強会を開催し情報交換に

励んでいます。

 

2007年より開催をはじめた年に一度の合宿講演会には県外からも沢山のネットショップ経営者が集まります。

地場産業活性化への貢献を認められて平成16年度の高知県地場産業賞受賞。

 

 


2016年7月

【講師】イル・サッソ 日吉 浩之 http://www.ilsasso-seminar.com

【日時】平成28年7月20日(水)13:30~

【演目】WEB画面を見ている人を動かす「テキスト・色・画像」の使い方

【講演内容】

私(講師)は年間60万人以上が使用する、

日本最大級の保険の一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ」において

Eメールを活用した集客を9年間担当しておりました。

 

今回でe商人で講壇に立たせて頂くのは三回目となりますが、前二回の講演ではとにかく”見てもらう”ことの重要性についてお話をさせていただきました。

 

自分の商品・価値・サービスは知ってもらわないと存在しないに等しい。

 

だから、とにかく見てもらうことに最初はフォーカスすべきという話をさせていただきました。

 

メールを活用する場合は

「開封の壁」と「クリックの壁」を乗り越える必要があることをお伝えいたしました。

 

細かく小さなところへの配慮ですが、

0.1%の改善が数字につながることをお話させていただきました。

 

今回はメールをクリックした後にみるLPについて

基本的な作り方をみなさまと確認したいと思います。

 

売上につながる重要な場面です。

 

HTMLで作成されるLPは、テキストと色、画像の組み合わせになります。

3つの要素です。

 

無意識の意識に訴えかけるテキストを再確認するととともに、

正しいユーザの声の取り方から学ぶLPの作り方についてもお話いたします。

 

私自身もアンケートの取り方では大失敗を繰り返していましたが、

1度正しいアンケートの取り方を学べば人を動かす有効なテキストは簡単に作れます。

 

画像や色は、男女・年代、国籍によっても異なります。

 

今回も人の本質、脳の働き方を考えながら、

どのようにHPやLPを組み立てていくべきかお話をさせて頂きたいと思います。

 

皆さまに再会できるのを楽しみにしております!

 

 

 

 

7月定例会お申込みはこちら

2016年8月

【講師】松本賢一 先生

http://www.jgroove.net/prof_matsumoto.html

【日時】平成28年8月23日(火)13:30~

【演目】

未定

 

 

 

 

 

8月定例会お申込みはこちら

第10回 9月合宿

【日時】平成28年9月10日(土)~11日(日)

 

【場所】海辺の果樹園 高知県香南市夜須町手結山506-1

 

【講演内容詳細】

9/10日(土)----------------------------------

 

◆セミナー1講師

講師名:美崎栄一郎(みさき・えいいちろう) 先生

 

講師プロフィール:

商品開発コンサルタント、ビジネス書作家、講演家

1971年、横浜で生まれ大阪で育つ。大阪府立大学大学院工学研究科を卒業後、花王株式会社で約15年勤務ののち、現在は、独立し、商品開発コンサルタント、ビジネス書作家、講演家として活動中。

手がけた商品は、アタック、ニュービーズ、ワイドハイターなどの日用品から、化粧品のブランドであるレイシャス、ファインフィットまで幅広く、プロジェクトリーダーとして自社のリソースと他社とのコラボレーションを推進。ニコンとの共同開発の多視点画像解析システムは、テレビや新聞などでも取り上げられた。

プライベートの活動でも、社外の社会人向けに勉強会や交流会を多数主催し、NHKをはじめ多くのテレビや雑誌、本などで紹介されている。築地朝食会、社長大学などを開催することで、毎月のべ150名以上の社会人を集め、業務以外の情報交換により、仕事では直接関わりのない人たちで1000名以上のゆるやかなネットワー

クが生まれている。異業種でも多くの人脈を持っているため、いつのまにか「スーパーサラリーマン」と呼ばれるように。

仕事がうまくいくようになったのは、仕事の記録の取り方、つまりノートの書き方が元になっている。ほぼ日手帳、能率手帳、ザウルス、PALM、グーグルカレンダー、100円ノート整理術など、さまざまな方法を試し改良し、仕事の実体験に根づいて現在に至る。アナログとデジタルを組み合わせるノート術は、今では私の行動力の源泉になっている。会社人としてだけではなく、個人として世の中で活躍できる社会人を目指している。

関連URL

公式サイト http://note272.net/

 

演目:

1)ビジネスアイデアを無限に生み出す方法

2)インターネットの明日(未来)を予測する

3)真田丸、高知城、アップル、Yahoo!など過去の歴史と現代は同じ

 

9/11日(日)----------------------------------

 

◆セミナー2講師

講師名:平岡伸昭 先生

講師プロフィール:

有限会社ヒラオカ宝石 店長。

宝石の専門商社で、7年間バイヤーとして世界各地で買付け業務を行った後、高知に帰郷。実店舗で働く傍ら、「パワーストーン」のネット通販を展開。参入障壁が低く、競合の多いパワーストーン業界において、ほぼ独自ドメインのみで、12年間続けてきたヒラオカ宝石のネット通販の取り組みを具体的に公開します。

 

演目:見えない価値&ポジティブで選ばれる。

 

◆セミナー3講師

講師名:白木浩一 先生

講師プロフィール:

白木果樹園 園主:白木浩一

高知県の特産果実「土佐文旦」を中心に

四季折々の文旦類を日本で唯一栽培している果樹園。

 

父の病気の為に

1981年高校を卒業すると同時に家業の農家を継ぐ

 

高校卒業式2月20日の一週間後27日に

マイナス7.9度の大寒波が襲来し、

家業である土佐文旦や柑橘類の90%が枯れる

 

その後、徐々に改植・新植を進め現在至る

面積約3haで約3000本、50種類以上の柑橘栽培

 

1994年パソコンを購入と同時にパソコン通信を始める

1996年11月3日に、HPを初めてUP

2000年に現在のドメインbuntan.comで運営

 

その後現在に至る

 

過去、土佐文旦で農林水産大臣賞を2度受賞

 

演目:農業は面白い!日本一の文旦農家が大いに語る

 

 

◆セミナー4講師

講師名:竹村崇史 先生

講師プロフィール:

1998年 株式会社 ソフテック 入社

職種:プロジェクトマネージャー

資格:米国PMI認定 PMP(Project Management Professional)

入社後、約10年間は、東京支社で大規模プロジェクトの設計者として荒波に揉まれる。印象が濃く残っているプロジェクトは、富士通の某放送キー局の「地上デジタル 情報処理システム」に関わったこと。約1500名体制の大プロジェクトであり、参画当初は末端要員であった私が、サブシステムのリーダーまでのし上がったこと。ここでの経験が、今の私を創り上げたことは間違いなく、その後、高知に戻り、プロジェクトマネージャーの腕を磨きたく、知識と経験を重ね、今に至る。

プロジェクトマネージャーとしてのポリシーは『プロジェクトは、人と人を組み立てろ』である。高知では、主に問題プロジェクトの立て直しに傾注し、数々のプロジェクトの正常化に成功し、現在も、問題視されているプロジェクトの立ち上げから参画し、成功に導くため推進中。 2013年頃から、プロダクト開発に疑念を抱き、現状の働き方に危機を感じ始め、未来の働き方に目を向けるようになった。現在は、プロダクト開発の推進と改革の傍ら、ICT業界の未来にアンテナを立て、高知で働く意義を模索中である。

 

演目:クラウド2.0 の脅威~価値ある情報の創造

1)クラウド2.0 の到来

クラウド上で起きた変化から見る未来とは

2)データビッグバン

データの発生源に起きた変化とは

3)情報戦略からみたデータの価値

情報化社会の根源にあるデータ価値とは

4)データサイエンス

ビッグデータを扱うデータサイエンスとは

5)エンジニアの未来

エンジニアの立ち位置が変わる未来とは

6)ソフトウェア化する社会

ソフトウェアのもたらす産業社会へのインパクトとは

7)第4次産業革命 の到来

テクノロジーがもたらす社会構造の未来

 

 

◆パネルディスカッション その1

コーディネーター:岸本栄司 塾長

<パネラー>

南国土佐ドットコム

レザーハウス

はたやま夢楽

土佐蒲鉾オンラインショップ

ゼノア化粧品通販

テーマ:「インターネットの明日(未来)」

 

 

◆パネルディスカッション その2

コーディネーター:岸本栄司 塾長

<パネラー>

快眠工房

犬小屋製作工房 K

うどん工房 麦屋

山のくじら舎

望月製紙

テーマ:「インターネットの明日(未来)」

2016年9月

【講師】 片岡百合 先生 
http://www.chochi-chochi.com/ 
【日時】平成28年9月27日(火)13:30~
【演目】 未定 

 

 

 

 

 

9月定例会お申込みはこちら

2016年10月

【講師】

株式会社 大都

山田岳人 先生

【日時】平成28年10月19日(水)13:30~
【演目】下町の工具問屋が日本一のDIYショップになるまで
【講演内容】

 1967年、大阪にて工具卸商として創業。ホームセンター等の躍進に伴い事業拡大するも、

一方で激しい価格競争に巻き込まれ、赤字決算が続く状況に陥る。

2002年に、工具の「通販サイト」を立ち上げ、問屋業から撤退。

背水の陣で電子商取引(EC)に賭け、05年ヤフーショッピング店オープン、07年には本店サイトオープンと順調に事業を拡大。

スタート時点でわずか30品目だった取扱品目も、09年には18000点以上に拡大。日本最大級のDIY通販サイトになる。

EC専売特化するも実店舗の必要性を痛感し、14年に大阪店、15年には東京店を開店。

DIYスクール、ワークショップ等の学びや体験を提供するDIYファクトリーは、オムニチャネルの進化形として注目を浴びる。

【講師プロフィール】

株式会社大都 代表取締役 山田岳人(ヤマダ タカヒト)

1969年11月生まれ。石川県出身。

大学卒業後、リクルートに入社。6年間の人材採用の営業を経て

1937年創業の総合金物工具商社、大都に入社。

2002年にEC事業を立ち上げる。2011年、代表取締役に就任。

2014年、リアル店舗「DIY FACTORY OSAKA」をオープン。

 

(社)日本DIY協会が認定する「DIYアドバイザー」の資格を持つ。

 

 

10月定例会お申込みはこちら

11月定例会

【講師】京都おぶぶ茶苑 http://www.obubu.com/ 
     松本靖治先生 matsu@obubu.com 

【日時】平成28年11月22日(火)13:30~

【演目】後日公開

【講演内容】後日公開

 

 

 

e商人養成塾は随時会員を募集しています。入会案内は下記よりお願いします。
e商人入会案内

 

 

 

地場産品

食品

時計・ジュエリー・楽器

写真・出版

雑貨・ギフト

衣料

化粧品、衛生用品

 

健康食品・医薬品

コンサルタント

家具・インテリア

スポーツ・アウトドア

Copyright e商人養成塾 All rights reserved.